京都~Ⅳ

京都散策 最後は「元離宮 二条城」へ・・・。
二条城は 慶長8年(1603年)、徳川将軍家康が 京都御所の守護と将軍上洛のときの宿泊所として造営し 3代将軍家光により伏見城の遺構を移すなどして 寛永3年(1626年)に完成したものです。
豊臣秀吉の残した文禄年間の遺構と家康が建てた慶長年間の建築と家光がつくらせた絵画・彫刻などが総合されて いわゆる桃山時代様式の全貌を垣間見ることができます。
徳川家の栄枯盛衰のみならず 日本の歴史の移り変わりを見守ってきたお城です。~パンフレットより~

二の丸御殿(国宝)
桃山時代の武家風書院造りの代表的なものです。 
b0180709_20394938.jpg

b0180709_20435670.jpg

二の丸御殿の中が観覧できるようになっていますが 撮影禁止です!
文化財保護のためか?照明もなく 昼間でも薄暗く狩野派の素晴らしい襖絵も見難く残念でした。
うぐいす張りの廊下の感触はしっかり体験してきました。

天守閣跡から見た紅葉です。
b0180709_21155283.jpg

b0180709_21172727.jpg

本丸を取り囲む内堀・・・。
b0180709_21233471.jpg


二条城の二の丸庭園は椿が有名で『約50品種 約500本』が植えられているそうです。
ツバキ・曙
b0180709_2140599.jpg

ツバキ・才布
b0180709_21431598.jpg

ユキツバキ・チョウカイ(雪椿・鳥海)? 
b0180709_21454870.jpg

b0180709_2152764.jpg京都散策にお付き合い下さって ありがとうございました。(^^)
[PR]
# by misa12155604 | 2009-11-14 21:52 | その他 | Trackback | Comments(27)

京都~Ⅲ

京都御所から「金閣鹿苑寺」へと移動しました。
金閣(舎利殿)にはお釈迦様の骨が祀られているといわれ、舎利殿とも呼ばれています。
金閣の二層と三層には金箔が貼ってあり屋根の上には金張りの鳳凰が置かれています。
一層は寝殿造り、二層は武家造り、三層は禅宗仏殿造りだそうです。
b0180709_2135684.jpg

この位置から見る金閣が好きですね♪
b0180709_211323.jpg

金張りの鳳凰が輝いています.
b0180709_2151729.jpg

待ってたら金箔が落ちてこないかな~。(>.<)
b0180709_21105564.jpg

ちょっと休憩しましょうか・・・♪
b0180709_21295829.jpg

お土産はな~に?
b0180709_21351277.jpg

b0180709_21374858.jpg次は二条城です。
[PR]
# by misa12155604 | 2009-11-12 21:39 | その他 | Trackback | Comments(27)

京都~Ⅱ

京都御所の内部を見てみましょう。
諸大夫の間(しょだいぶのま)
正式に参内した者の控えの間。  格の高い順に「虎の間」「鶴の間」「桜の間」とよばれているそうです。
「桜の間」原在照筆  
瑞雲文様の赤地錦と白地錦が展示してありました。 昭和天皇の即位式に使用された物だそうです。
b0180709_21543928.jpg

「鶴の間」狩野永岳筆
b0180709_21572623.jpg

「虎の間」岸岱筆
b0180709_2201059.jpg

安政2年(1855)再建からこれまで守られてきた襖絵を見る事ができて感動しました。
もっと他もあったのですが またの機会に・・・。
御所の庭は紅葉が始まったばかりでした。
b0180709_22205277.jpg

b0180709_22242865.jpg
b0180709_2227796.jpg
b0180709_22305968.jpg

b0180709_22374042.jpg

日当たり等の条件で紅葉の進み方が違いますね。
次回は金閣寺を見ていただきます(^^)
[PR]
# by misa12155604 | 2009-11-10 22:40 | その他 | Trackback | Comments(33)

京都へ~☆

京都御所  天皇陛下御即位20年記念 特別公開
京都御所は14世紀以来、500年以上の永きにわたり連綿として皇居であったところです。
現在の建物は、おおむね安政2年(1855)の再建ですが、平安時代を始めとする様式が展開し、伝統的な内裏の世界を見ることができます。 ~パンフレットより抜粋~

御車寄(おくるまよせ)
昇殿を許された者が正式に参内する時の玄関です。
b0180709_2048076.jpg

承明門より紫宸殿を見る。
b0180709_2143870.jpg

健礼門
b0180709_2118110.jpg

飛香舎(ひぎょうしゃ)
女御入内(にょうごじゅだい)儀式が執り行われた建物。
黒に紅い金具が女御の建物らしく美しく感じました。
b0180709_21375983.jpg

b0180709_21412286.jpg

b0180709_21472859.jpg次は襖絵などを紹介します。  ☆サザンカが咲いていました。
[PR]
# by misa12155604 | 2009-11-08 21:50 | その他 | Trackback | Comments(30)

今日の顔~。

サンダーソニアを真下から覗いてみました(^^)
ユリ科の特徴 おしべ6本、めしべ1本(心皮3)がわかりますね~♪
b0180709_22572023.jpg


ハシカンボク今日の顔が美人サンね♪
b0180709_233462.jpg


ノースポール キク科 
マーガレットに似た小さな花・・・とにかく強いです!
こぼれ種からアチコチに増えます♪
b0180709_23204437.jpg

[PR]
# by misa12155604 | 2009-11-05 23:23 | | Trackback | Comments(27)

うちの新入りさん♪

ポインセチア シルバースターマーブル
ポインセチア トウダイグサ科ユーフォルビア属 和名 ショウジョウボク(猩々木)
花に見えるピンクや赤い部分は葉が変化した小総苞(花苞)と呼ばれ花を保護する器官のことで、その真ん中で護られるように包まれてたくさんあるタネのようなものが花です。
b0180709_146782.jpg


シャコバサボテン・コンペイトウサボテン科 別名 クリスマスカクタス、デンマークカクタス
コンペイトウは他のシャコバサボテンの品種とは一風変わって、つぼみを観賞する品種です。
コンペイトウのように小さな角がたくさんあってとてもかわいい品種です。
b0180709_16175315.jpg

咲くと他のシャコバサボテンと変りませんね。
b0180709_16201929.jpg


サンダーソニア ユリ科 別名 クリスマス・ベル
草丈が50~60cmあり 風が強くて俯いてしまいました。 花期は夏ですがまだ健気に咲いています。
処分されそうなのを連れ帰りました。(^^)
b0180709_20572131.jpg


ハシカンボク(波志干木) ノボタン科 別名 ブレディア
園芸店で見かけるのは、ピンクの花が咲く品種ですが 友人が白花をプレゼントしてくれました♪
b0180709_2114553.jpg

[PR]
# by misa12155604 | 2009-11-04 21:24 | | Trackback | Comments(16)