タグ:春の七草 ( 1 ) タグの人気記事

春の七草

「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」
この七草をお粥にして1月7日に食べる七草粥の習慣は、江戸時代に広まったそうです。

七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれました。
そこで、無病息災を祈って七草粥を食べたのです。

b0180709_21151015.jpg

b0180709_2115287.jpg

b0180709_21162657.jpg

b0180709_21164687.jpg

b0180709_21171079.jpg

b0180709_21173931.jpg

b0180709_21175354.jpg


ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、スズナはカブ、スズシロはダイコンのこと。
ホトケノザはコオニタビラコ(小鬼田平子)で 紫の花が咲くシソ科のホトケノザとは別のものです。
いずれもみずみずしい緑の草ですから、ビタミン・ミネラルがたっぷり含まれています。
緑が不足しがちなお正月、滋養豊かな七草でお粥は如何ですか?003.gif

*七草の画像は去年のものです。
[PR]
by misa12155604 | 2012-01-06 21:26 | 植物 | Trackback | Comments(24)